2017年06月24日

KOWA!

・いやー、怖い。何が怖いって寄生虫ですよ。動物から感染する寄生虫といえばエキノコックスあたりが有名でしょうか。今回初めて知ったのはトキソプラズマですよ。不肖私ラジオの『武田鉄矢の今朝の三枚おろし』で知りました。トキソプラズマとは猫に寄生する寄生虫で、猫の腸内を住処として糞に紛れて体外へ出て人間を含むいろいろな動物に寄生します。

80年代にトキソプラズマに感染した鼠が身繕いをしなくなり、活発的になるという異常行動が発見されました。しかもこのような感染鼠は猫を怖がるどころか、自ら近づき猫に捕食されるという。これは鼠が危険と感じる臭いを雌の臭いと混同してしまう事で起きているのではないかと言われ、感染した鼠は猫の獲物となる事で、トキソプラズマはまた猫に戻ります。本来の宿主である猫を肥やし続ける訳ですね。宿主の行動をコントロールする寄生虫というのは、ハリガネムシとかカタツムリに寄生するやつとかいろいろ存在しているのは知っておりますが、まさかもっと身近に、もっと高等な生物を操れるとは知りませんでした。感染経路は猫の糞便、トキソプラズマに感染した動物の肉の生食、または野外活動、感染した母体の胎盤から胎児への感染です。

そしてこれまでは人に感染しても概ね無害であるという事だったのですが、免疫が弱いと他の寄生虫同様悪さをします。一般的にトキソプラズマ症と呼ばれる原虫感染症で脳炎や神経疾患、その他の臓器の疾患です。死に至る程重篤になったり、回復しても後遺症が残る事もあるのだとか。ちなみにワクチンはありません。そしてこれらは比較的前から分かっていた症状なのですが、最近では鼠と同じで人の行動にも影響を与えるのではないかと言われています。

いろいろ調べたのですが、2015年に発表された統合失調症の研究論文で、統合失調症患者の50.6%が幼少期に猫を飼っていたという統計データが発表されました。これはアメリカでのデータですが、アメリカで猫を飼っている家庭は37%、統合失調症患者数は国民の1.1%。数値的には関係性を疑う根拠にはなりそうですね。また、トキソプラズマに感染した男性は内向的、短気、反社会的、集中力の欠如。女性は社交的、容貌に過剰になり、性に大らかになるという説もあります。+と−のように違いますね。あと共通しているのは反応速度の遅延。トキソプラズマにとって人間は猫の餌になりませんから、人間の行動をコントロールするメリットはないはずですが、寄生した以上は一定の行動を取るだけの存在でしょうから、このような事が起るのでしょう。

これらは免疫がきちんと働いていれば悪さはしないものとされてきたのですが、ラジオ番組ではこの部分にも異説がある事を伝えていました。トキソプラズマに感染すると免疫反応が起こり、トキソプラズマの栄養源となる物質を分解して与えないようにするらしく、この時分解する為の物質がセロトニンを作る為の物質でもあり、これによって脳内でセロトニン不足が起り、偏桃体で不安感が増幅され恐怖心が薄ぎ危険な事を積極的に行うそうだ。この理屈がよく分からなかったので自分なりに調べたのですが、セロトニン不足によってノルアドレナリンが過多となり、攻撃性や衝動性が強くなるという事でしょうか。この状態によって精神疾患からリストカットをしたり、突然自殺に走ったりするのではないかいう事でした。まとめると免疫反応が起きてる故に、突然突飛な行動に出たり、危険な事をしでかしてしまうという事。免疫がしっかりしてれば無害とは言えないという事になります。

何故これ程興味を持ったかというと、昔書いた記憶があるのですが、私は昔から猫の存在について多少興味がありました。人のペットとして2大メジャーな犬猫ですが、犬は人の役に立つ事でパートナーとして共存の道を得て来たのに対し、猫は大抵可愛いだけで人社会に溶け込んできた訳です。猫って凄くないか?という持論を持っていたわけですが、こういうの聞かされると何だか更に理屈が分かるような気がしました。予防策は飼い猫の糞はなるだけ早く的確に処理する。妊婦にはさせない。生肉は食べない。野良猫の糞も注意。

参考にした資料
https://www.niid.go.jp/niid/ja/diseases/sa/chlamydia-std/392-encyclopedia/3009-toxoplasma-intro.html
https://www.amazon.co.jp/%E3%81%8A%E3%81%97%E3%82%83%E3%81%B9%E3%82%8A%E3%81%AA%E8%85%B8-%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%B9/dp/4763134434
http://news.livedoor.com/article/detail/9940433/
https://matome.naver.jp/odai/2138404248617088901
posted by mutu at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

ひらめ

・想い出のゲーム

テーカンワールドカップ(1986年・AC・テクモ)


私が子供のはまだ個人経営のゲームセンターが至る所にありました。インターネットがなかった当時でも、ファミコンのソフトはCMや雑誌で目ぼしいものは把握していたのですが、アーケードゲームというのはミステリーゾーンで、行って見なけりゃ分からない。至る所にあったゲームセンターを回りまくって面白いゲームを探したものです。で、このテーカンワールドカップですが、私の記憶が確かなら近所の大学のすぐ傍にあったゲームセンターに置いてありました。それも正門のすぐ傍ですから客層の多くは大学生で、私の様な小学生のクソガキが行くとよく相手をしてくれました。このゲームもよく憶えていて、私は別にサッカーゲーム(というかテニス以外のスポーツゲーム)をわざわざやるようなタイプではなかったのですが、このゲームに使われているトラックボールのアクション性に惹かれて例外的によくやっておりました。対戦が熱く、気前のいい大学生の兄ちゃんが奢ってくれたりして、相手させてくれたりしたものです。
tec.jpg
この筺体ですね。操作はこのトラックボールをゴロゴロと転がすことで移動で、後はパスボタンとキックボタンではなかったかと記憶しておりますが、とにかく速くドリブルしようとこのトラックボールを一心不乱にゴロゴロやるのですが、これが疲れると共にたまにボールの隙間に手の皮が挟まって痛いの何の。酷いと内出血になってたと思います。なので連続で挟まれてしまうと、痛さに臆病になって思い通りのプレーができずに負けてしまったりして悔しい。私は体感ゲームフリークでしたがある種これも体感ゲームだった。ちなみにテーカンというのは後のテクモの事です。
posted by mutu at 00:27| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

伏目吹聴

酒は飲めないのですが、父の日の贈り物でとりあえず酒ということで酒屋へ。味とか全然分からないので珍しそうなものを買うのみですが、CDのジャケ買いよろしく酒屋で酒見るのは楽しいですね。コレクションする人の気持ちが分かる気がする。というのも20歳前後ぐらいだったか、コーヒー缶を集めたりしておりました。捨てられてしまって一部しか残っていませんが、今見るとそういえばこんなのあったなあと懐かしくなります。

・フィリピンで戒厳令中
これもう3週間以上前から続いてる緊急事態なのですが、私も知るの遅くなりました。日本ではネットで検索しない限りほとんどTV報道ないですね。フィリピンのマラウイ市をIS系の武装組織が占拠、住民を人質にしてフィリピン軍と交戦中、武装組織、軍隊、市民合わせて300人近い死者が出ています。中東ではなく、日本のすぐ南の島で起きてる大規模なテロ活動です。英国の大火災が大きく取り上げられて、もっと近くで、もっと死者が出ているテロが取り上げられないのはおかしい。邪推しますがこれを報道すると「やっぱりテロ等準備罪は必要」という世論になるからでしょう。フィリピンは過去に反米活動の末米軍が撤退、すかさず中国が南沙諸島で活発化し、再度米軍に泣きつくという過去があります。そしてまた反米的なドゥテルテ大統領が就任し、米比関係が危うくなってる状態でISが活発化。こういういきさつも、沖縄から米軍を追い出したい、在日米軍がいなくなれば平和が来ると説く存在には都合の悪い事実なのでしょう。

・総括2017
この人前も別の秘書が高圧的な態度で問題になってましたね。野党共闘といっても一枚岩ではないというのは当然で、それは自民党支持者が必ずしも公明党を好いてる訳でもなく、その逆も然りなのと同じです。意味のない牛歩戦術を使ったり、与党の強行採決だと騒いだり、過剰にパフォーマンスする事だけは力入ってます。民主党が審議拒否したり、同じく野党の維新は賛成してるのですから与党による強行とバッサリ言い切るのはおかしいし、議論放棄しておい「審議が足りない、強行だ」てその言い草はない。というか発言の不可解さに怖ささえ覚える。毎度ですが蓮舫代表の「国民の声を〜」という文言に対して、その前に国民の声を聞いて自身の疑惑を晴らせと思うのは私だけではないはず。この抗議デモを起こしているのは共産党の息のかかった団体でしょうが、平和平和と唱えながら人一倍攻撃的なスタイルは共産主義者の特徴で、過去同主義者達が日本で起こしたテロを見てもその凶暴さは一目瞭然。非核化を訴えるのはいいとして、アメリカの核は悪だと言いながら、ソ連や中国の核は対抗措置として仕方ないと真顔で言い、その口でまた日本の核武装は断固反対するのだからもう訳が分からなくて、日本経済が混乱すればするほど共産革命への期待が高まる訳ですから、彼らにとっては騒ぎを起こし、不安を煽る事がまずは第一歩なのでしょう。

・日本で組み立てられたF-35が初飛行
日本は冷戦型の防衛配備からようやく脱却を図りつつあり、これまでの北部重視より西側防衛の増強に動いています。この度沖縄の那覇基地に福岡の築城基地からF−15Jが20機移動になり、築城には青森の三沢基地からF−2が20機移動になります。そして開いた三沢基地にまずはF−35が配備される形となります。これにてようやく日本も第五世代戦闘機を持てる事になったわけですが、来年にもロシアは新開発のステルス機、T−50の配備開始するという情報もあり、第五世代機同士が対峙する未来もそこまで来ている感じです。

・24時間で57人とセックスし世界記録達成・・・後病へ直行
チェコの売春宿が主催したイベントのようですが、同じ人間とは思えない。しかも女性は主催者側の売春宿が用意した女性という事ですから、好みとか何とか関係なく勃起させ続けなければならない。この時点で常人にはまず無理なのではないかと思います。しかも1度のセックスで5ml以上の精液を出さないと認められないという事なので、最低でも285mlを出した事になる。今この記事を190mlの缶コーヒー片手に書いていますが、この1.5倍くらい24時間で出せるものなのか・・・。達成したのは34歳のシンガポール人で、自分でも実感してますが、男は30過ぎたら性欲が減退していくというのに、34歳という年齢での世界記録達成にも驚き。

>57人目が終わるや否や、男性は病院に直行し、ペニスの治療を受けたのだが、過去のイベントでは、ペニスの皮がすりむけ、皮膚移植を受けなければならなかった挑戦者もおり、ひどいケースではペニスを切断しなければならなかった者までいたという。

うわぁ・・・南無三。



SPGもフランスルートで進めてる訳ですが、フランスSPGは弾道が低く他国のSPGなら狙えるような場所でも障害物を跳び越せなかったりで場所取りに苦労します。幸いな事に速力だけはありますので、移動にさほど苦労はしませんし、序盤のSPG同士の場所取り合戦にも強いのですが、格上のSPGがいる場合は、自分より試合の事を考えて開けておくのも戦術というものです。

SPGにおける弾道とは何ぞやといえば、SPGの攻撃はアウトレンジからの曲射(上向きに撃って山なりで飛距離を出す)攻撃ですので、この時の放物線の描き方の事ですね。弾速が速いと放物線の頂点が低くなり、遅いと高くなります。弾道が低いと高度が出てない訳ですから、目標までの間にある障害物により阻まれやすくなります。代りに高速であるため離れた敵にも着弾するまでの時間が短く、目標が移動してしまうリスクが減ります。また移動中の目標を狙うにしても偏差距離が短くなりますので予想は立てやすい。また、弾速が速いと飛距離が出せるので射程距離自体は長くなる。遅いとその逆で、射程距離は短くなります。そして弾道が低いと水平に近くなるので、敵戦車の一番柔らかい天井を狙うのが難しく、HTの正面等厚い部分に当たってしまえば大したダメージを出せない。これも弾道が高いと逆で上から落っことすような形になり、例えHTであっても柔らかい天井などにあたり大ダメージを出す可能性は高い。なので高いから良い、低いから良いという事はなく一長一短ですが、やはりこのバランスが優れたドイツやアメリカの弾道が素直で使いやすく。極端に高いのがイギリス、低いのがフランスという事なります。勿論車種によって違いますが、全体的にその傾向がある。射程距離の短いイギリスSPGは他国のものより前線に出る必要が生じ、全車種中一番狙われやすい存在であるSPGにとっては常に危険と隣り合わせ、同じくフランスSPGは射線が通る場所を求める知識が必要になってきます。私もよく分かってないのですが、多少の危険を承知でなるべく高い位置に陣取り、何とか射線を通してます。他国のSPGが低い窪みなんかに身を隠して撃ってるのを見ると羨ましくなる。

spg001.jpg
簡単に図にするとこんな感じで、低いと障害物に阻まれる事が多くなります。

spg002.jpg
また、低進するので窪みなどに入られても撃てない事が多くなります。

spg003.jpg
移動中の敵戦車がAの位置にいる時、弾速が速いと偏差距離が短くて済むので当てやすくなりますが、弾速が遅いとより遠くに見越して撃つ必要があり、計算の難しさだけでなく、いろいろと外れる要因が増えます。また、止まっている敵でも同じで、その戦車が3秒後もそこにいる確率より、5秒後もそこにいる確率のほうが圧倒的に低いはずです。どの道移動中の目標に命中させるのは容易ではありませんが、弾速が速いほうが難易度は下がります。
posted by mutu at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

をっと

“梅雨入り”にカッコ笑いが付きそうな程過ごしやすいですね。週間天気でも晴れてるし、週末はどっかでかけるべかな。

sspad01.jpg
・さて、見えにくいですが英語の他に漢字混じり、中国郵政と書かれたのしわくちゃな封筒が届きました。
怪しい・・・・・・

sspad02.jpg
ジャーン!
 (個人的に)伝説のサターンパッドのバッタもんです。新品というには表面がすり傷だらけなのは流石ですがそんなことは小問題。非常に簡易な梱包だが、中国からここに着くまでどれほど投げられ、押しつぶされて来ただろうかその方が気になる。一応ビニール製の封筒の内側がエアパッキンになってますが、エアパッキンにも質があるのを始めて知ったというか、異様に潰れやすい。ちょっと力を入れて押すとプチっと音を立てて潰れます。よくあるグニュっと粘るような事がない。

それはそうと今まで何年も我慢してPS型のものを使ってきましたが、やはりこのSSパッド形状こそ至高。確かにグリップ力という点においてはPS型は比類なき強さを誇り、長時間のプレイでも疲れないと言えるでしょう。が、グリップ優先で親指がどうしても上向きになり、素早い入力には一歩及ばないというのを常々感じてきた。なので大してスピードを求められないようなゲームには最適なのかもしれないが、私の好きなSTGやアクションに最適とは言い難い。その点この型だとパッドを握るというか抱え込むような配置になり、親指のポジションが水平に近くなりどの方向へも入力しやすくなる。私は格闘ゲームはほとんどやらないのですが、格闘ゲームに一番向いているパッドであると思います。昔は国内メーカーでもこのSSパッドのコピー品はあったのですが、今ではめっきり見なくなり、こうして中国製に頼る日が来てしまった。SEGA製の復刻モデルもありますが、中古でウン万というプレミア価格ついてる有様。こでまで何台もSSパッドのコピー品を使ってきましたが、おしなべて十字キーの耐久性が低かった。恐らくこいつもそうであろうと思います。が、さすが中国製で安い。500円で買えた。何故か国際郵便なのに送料無料なので本当にワンコインで買えた。これならばすぐに潰れても納得はできる。なので2、3個発注しとこうか迷いましたが、まずは使い心地と耐久性を見てからにしようと思い1個だけ注文。それにしても送料無料だけが謎だわー。到着遅いから最初騙されたかもと思ってましたが、こうしてちゃんと届いた。元取れるのかこれ。謎というかむしろ怖いわー。


・新しい通貨であるボンズとやらが手に入った。
shot_490.png
ガレージ画面で金貨の隣ですね。

shot_4902.png
これ。

ボンズは他の通貨や課金で買うことはできず、ランダム戦もしくは今回のようにボーナスで貰えるようだ。使い道は戦車、あるいは搭乗員の更なる強化。といっても乗員スキルや拡張パーツを更に強化される形となりますが、消耗品で1戦のみの効果です。それを知らずにとりあえず適当に使ってしまった。買う時に個数とか出たから、おかしいなーとは思いはした。

shot_492.png
あとは今回のバージョンアップで手持ち戦車ではアレクトーがHD化され、よりリアルな佇まいとなりました。

ちょっと手持ち戦車の車両別勝率を見てみた。使いたい戦車を使うだけなのであまり勝率は気にしてませんが、出してみてちょっと驚き。

【アメリカ】
(T7 MT)T−20 :48%
(T6 TD)M36 ジャクソン :50%
(T5 TD)M10 ウルヴァリン :50%

【イギリス】
(T6 MT)クロムウェル :52%
(T6 MT)ファイアフライ :61%
(T6 TD)AT8 :55%
(T5 TD)アーチャー :52%
(T4 MT)マチルダ :55%
(T4 TD)アレクトー :54%
(T3 LT)クルーザー Mk.II :54%

【フランス】
(T5 MT)G1R 49%
(T5 TD)S35 CA :49%
(T4 MT)SARL42 :51%
(T4 SPG)AMX 105 AM mle.47 :54%
(T3 SPG)ロレーヌ 39L AM :58%

【スウェーデン】
(T5 MT)Strv m/42 :58%
(T4 TD)Sav m/43 :55%

無課金なので主にTier4〜6で遊んでおります。使いやすいと思ってたアメリカ戦車で勝てていない。T−20は一番新しいので、パーツとプライマリスキル揃えるまで悲惨でしたのでこれから本番という感じなのですが、ジャクソンはもっと勝ってるイメージがあった。後はフランス車が足を引っ張ってます。クセが強いからなー。ファイアフライの勝率が突出しているけど、やはり貫通力があるのは強いという事だろう。当りゃ貫通するっていうのは安定感がありますね。

w_sf01.png
シャーマンをジムと例えるならば、さしずめファイアフライはジムスナイパーか。ただ前身のシャーマンIIIに17ポンド砲を載せただけなので、車体性能はむしろシャーマンIIIより進化というより退化していて、全体的に重くもっさり化、俯角が−6度と極端に悪くなってるのが痛い。しかし17ポンド砲(76.2mm)のファイアフライが−6度で、同じくシャーマンに長砲身105mm乗っけたスーパーシャーマンの俯角は−10度取れるってどういうことなの。

あとHT持ってない(過去には持ってましたが)ので鈍くさいの嫌いなんですが、1枠くらいHTまた作ろうかな・・・ソ連、ドイツ、アメリカ、日本が人気なのでまず除外、イギリスのHTは・・・手持ちが手数タイプばかりなので、HTくらいはドーンと重い一撃を撃ちたい。中国はTier7からしかラインナップがない。やはり私にはキワモノ揃いのフランス道しかないか・・・。SPGをアメリカにすりゃよかったかなと今にして思う。フランスのSPGは弾道が低過ぎて場所取りに難儀する。

shot_493.png
とはいえこういうへっぽこそうな外観の魅力は捨てがたい。
posted by mutu at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

ローカルCM

何となく懐かしいく印象的なローカルCMを集めてみた。福岡もしくは九州・山口地方の人でないと、分からぬものばかりかと思いますが。


佐賀に現在もある元祖忍者村。福岡にも忍者村ありましたが潰れた。これCD持ってたんですけどね・・・何処かへ行ってしまった。プレミア価格で取引されてるとか。


こちらは長崎にあったテーマパーク。どことなく『モンティパイソン』風味。ハウステンボスが出来てしばらく、今でいうディズニーとディズニーシーみたいな関係だと思ってました。


懐かしい。小学生の頃5回は行った。富士通館が好きだったのを憶えてる。福岡タワーはこの時にシンボルとして作られたものです。思えば福岡はこれを機に急速に発展した感がある。福岡をアジアの重要拠点にするという政策の下、国内外の企業誘致とインフラ整備をやたらやっていましたね。


歌ってる人は肥前夢街道と同じ人。やはり澄んだいい声。個人的に地元の菓子で3つ挙げるなら『博多の女』『筑紫もち』ときてこれですね。コーヒー受けに最高。


CD販売はされていない、というかしない事を条件に作ったらしい。


ここがやってる総合アミュ―ズメント施設でよくアイススケートやらボーリングやら、バッティングやらやっていました。今なら懺悔できる。スケートリンクにアポロチョコを埋めてたのは私です。ここにあるセガ直営のゲームセンターでセガの多彩な体感ゲームに圧倒され、セガ信者になりました。
posted by mutu at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月31日

ゾンデ!

 あまり趣味以外で自分の事書くのは照れ臭いのですが、結局内科(消化器科)から大学病院に行く事ととなり皮膚科を訪ねて下さいという事で皮膚科へ、地元のマンモス大学の病院だけあって敷地内にローソンやら美容院やらスタバ、郵便局まである程巨大。が、その巨大さが歩くとズキズキ来る私にとっては苦痛で最初に本館に行く→「皮膚科は新館になります」→新館に入ると皮膚科外来は3階とあるので3階へ行き受付に並ぶ→順番来たので受付しようとすると→「1階で受付済ませて下さい」→1階に戻り受付に並んで受診表を貰う→再度3階で受付という手順を踏む羽目になって堪えた。そしてここからが真の地獄の始まりでさすが大学病院、待つ事2時間ちょっと!ようやく順番が来たので診察台に寝かされ、いろいろ問診された挙句内科でもやられた通りエコー検査。あのエコーのぐりぐりだけでも激痛が走って苦しい。ひとしきりぐりぐりされた後驚愕の一言・・・

「ああ、これ泌尿科やね」

「えっ!?」

専門じゃないので病名は告げられなかったが、皮膚科の先生には分かったらしい。連絡するから皮膚科に行ってねということでまた待たされた後今度は2階の泌尿科へ。この時点で昼もだいぶ回っていたので受付は終了している時間なのですが、急遽対応して頂けるとのことで申し訳なさから、心持ち急いで(ズキズキと)2階へ。2階泌尿科で採血(採血はまた採血の予約取って採血室へ移動)と検尿を受けて問診、同じことを何度も言うのも疲れる。その後診察台に寝かされ、というか何せ腹筋使うと激痛が走るものだから、この寝たり起きたりが何気に苦痛極まりない。そしてまたエコー。二度手間。その後真っ赤に腫れた腹を見せ、また苦痛極まりない触診。

「痛い?」
「痛いですねぇ・・・(痛え!)」
「痛い?」
「い、痛いですねっ・・・(痛ええええええ)」
「ここも?」
「いt・・・ッぎぎぎ(悶絶)」

どうやら感染性尿間膜臍洞(かんせんせいにょうまくさいどう)という事らしい。いろいろ尿管の状態によって呼び方が変わるみたいですが、一般的には総称して尿間膜遺残。羽生結弦選手が手術したやつですね。これは誰でもなる病気ではなく、へその緒を切った後、普通なら退縮するはずの尿管がそのまま残ってしまってる人だけがなる感染症らしい。でべそとかへそがしっかり見えてる人はまずならないとの事。私のように完全奥まってて外からへそが見えないタイプがほとんどらしい。細菌を採取しますとか言って取り出された金属の棒、ゾンデというらしいですが
zonde.jpg
これ。先生がこれを手に持った瞬間、これを見たのは初めてだけどやばい直感が走った。

「それ、痛そうですね・・・(不安)」
「まあ、これでちょっと掻き回すんでそれなりに」
「ええ・・・(怯え)」

触られただけで激痛が走るような状態の腹に、臍に金属の棒を突っ込まれた挙句にぐりぐりと掻き回され、あまりの激痛に「がっ・・・ぐぎぃ・・・うぃいい・・・」みたいな奇声と変な汗が出る始末。麻酔なしで抜歯された時の痛みを軽く抜き去りましたね。しかもイマイチだったのか定例なのか、もう一本持って来られ2度もやられるはめに。ようやく終わった後で下腹部も赤いのが気になるという事で再度エコーをしてMRIに回される。あまりの衰弱ぶりに車椅子が用意され看護師さんにMRI室まで連れて行かれる。申し訳なかったがMRI室は本館なのでまた広い敷地内を歩きまわるかと思えば助かった。MRIなど20代の頃事故って救急車で運ばれて以来だ。造影剤を入れられるということは、腫れの原因に大腸の腫瘍等も疑われてるのだろうか。正直この時はもう「もう何でもいいよ」だった。造影剤が入った直後体に血管経由の気持ちの悪い熱さが伝わる。撮影の後また新館の泌尿科へ戻り、またされた後MRIでは問題ない事を告げられるが正直大した感動もない。「小さい頃からヤクルト飲んどるんじゃい!」という謎の自信と、痛めつけられて疲れ果ててる事と「本日幾ら取られるんじゃいこれ」だけである。治療方針としては、手術したいけど感染が強いからどの道今は無理とのこと。結局内科の時と同じ抗生剤治療をしますで決定。「この・・・同じ治療を大学病院で受ける為に1日潰し・・・何度も激痛を味わされ・・・挙句(恐らく)大金取られるのか・・・」と内心思いましたがそれは致し方ないこと。2週間も無駄に頑張った私が悪うございます。ただし、抗生剤で治りきらない場合はやっぱり手術&入院ねという怖いお言葉まで頂きました。というか手術で尿管取ってしまわない限り再発の可能性が残るから、取る事を進められた。だが断る。問診は終了し、早速抗生剤点滴を受けに・・・

点滴を打って頂く看護師の方は見た目からしても恐らく新人の方なのであろう。ミスられた。何だか「ちょっとチクっと来ますねー」のチクっと時間がやったら長いなこれと思ってた。すいませんを連呼されるのだが、1日中痛めつけられていた私にとっては、あの腹ぐりぐりに比べたら屁のような痛さ。変わって私が新人ならこの時の焦りは容易に察する。こういう時にブチギレる人とかいるんだろうけど、そういう日って帰って泣くんだろうなと思えば気の毒に思えて来る。誰でも最初は新人さん。笑いながら「いえいえ、何度でもどうぞ」とだけ言って無理して笑顔を作り、見られてると余計緊張するだろうからそっぽ向いてたらもう一度ミスられた。「(んんーっまたチクーーーッが長いいいい)」と嫌な感じだったが当たった。新人看護師さんは「あっ漏れてる」とか不安になることを言うと針を抜いて「すいません・・・チェンジします」と言って引っ込んで行かれた。そしていかにも熟練っぽいおばちゃん看護師さん登場。

「ごめんねえ」
「いいえ、やりにくい腕みたいで」

さすがベテランでささっと針差して終了。30分くらいかかるとの事で終わったらどうすれば?と聞くと「このボタン押すか、叫んで!」と軽いギャグを飛ばされた。基本自分がゲラなのは承知しているが「叫ぶ元気は・・ないですけd・・・ぐぎぎ・・・」と(くっだらねーというか、くだらなさに)無駄にウケてしまい腹に激痛が走る。何てことをしてくれる。「ああ笑ったら痛いね、ごめんね」と笑いながらベテランは去って行った。暇な30分寝てようかと目をつぶっていたら、カーテン越しの隣のベッドで注射が始まるらしく、爺さんらしきしわがれ気味な声と、さっきの新人さんのやりとりの声が聞こえる。直後、

「いったあああああああああああッ!!!」

と室内を走る大音量の声。それを聞いた私は笑いを堪えるが、震えて敵わず腹に激痛が走る。今日と言う日はどれほど痛め付けられれば済むのか・・・。点滴が終わると本日はやっと終わりで1階のお会計に行く訳ですが、またも看護師さんが車椅子で送ってくれるとのこと。財布に1万円しか入ってなかったのでお金降ろさなきゃいけない事を伝えると、施設内にATMあるから押して行きますよという。ありがてえなあと思いつつ行為に甘えATMでお金降ろしてお会計。今や病院も自動支払機の時代、で15,700円のお会計。2万は行くなと思ってたのでちょっと安心しましたがそれでも高い。皮膚科でのエコー検査料などが馬鹿馬鹿しい。タクシー代も合わせると結局2万ですけどね。

そういう訳で抗生剤打って痛み止めのおかげで歩くにはほぼ普通に歩けるようになった。痛みも徐々に緩やかになってるし経過はまあまあみたいです。最後にこれが一番重要ですが、私のように運動した訳でもないのに臍あたりに筋肉痛のような痛みが何日もあるって方、素直に1日でも早く大きな病院へ行きましょう。急性虫垂炎のようなもので腹膜に感染して腹膜炎にでもなったら、命にかかわって大事になります。最寄りに大きな病院が無い場合、行くべきは泌尿科です。お腹痛くて行くのが泌尿科というのがこの病の罠。と言う訳で病気に関してはこれっきりにしたいと思います。
posted by mutu at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

クソ絵で語るあらまし その6

いやあ、腹が筋肉痛みたいに痛い痛いと2週間も我慢しておりましたら真っ赤に腫れあがって大変な事になりました。かかりつけの内科に行ったらもうちょっと早く来いと言われ、エコー検査で臍の下に膿がたまってるのだとか。「へそでも弄った?」と聞かれても全く身に覚えがない。抗生剤を点滴で打って貰い効いたようでかなり楽になりましたが腫れは引かず、抗生剤貰って帰りました。数日経っても引かない場合は切開も検討とのこと・・・治ってプリーズ(切実)

スサノオ編 後編
“オロチ退治”
スサノオは出雲国肥の川上流の鳥髪(とりかみ)の地に降り立ちます。すると足元の川に箸が流れてきたので「川上に誰か住んでいそうだな」と察したスサノオは川上に向かって川を登って行きました。すると、老夫婦(アシナヅチテナヅチ)と若い娘(クシナダヒメ)が3人で泣いております。

kjk_049.jpg
スサノオ「何を泣いている?」
老夫婦「私どもには8人の娘がおりましたが、オロチの生贄として7人を捧げ、今また最後の娘を差し出さなければなりません」
スサノオ「オロチとは何だ?」
老夫婦「頭が八つ股に別れた山のように大きな大蛇でございます」
スサノオ「俺はアマテラスの弟、スサノオだ。娘をくれるなら、オロチを退治してやろう」
老夫婦「アマテラス様の弟ならば申し分ありません」

こうしてオロチ退治をする事になったスサノオですが、老夫婦に強い酒を用意させるとそれを八つの瓶に入れるよう命令します。そして垣根を作るとそこに酒を置き、クシナダヒメを神通力で櫛に変えると髪に差しました。

kjk_050.jpg
そうして罠を張って待っていると、山々にまたがる程大きな怪物、いわゆるヤマタノオロチが現れます。

kjk_051.jpg
生贄を貰いにきたオロチは、代わりに置かれた酒に飛びつき、頭を突っ込んでぐびぐびと飲み干してしまい。酔っぱらって寝てしまいます。

「今だ!!」

kjk_052.jpg
オロチがまともに動けなくなったのを確認するやスサノオは一気に飛び出し、十拳剣で八つの頭を片っ端から斬り落としました。切り落とされた頭からは大量の血が流れだし、肥の川はオロチの血で真っ赤に染まったと言います。

kjk_053.jpg
見事オロチを退治したスサノオはその後、クシナダヒメと暮らす為に根之堅州國(ねのかたすくに)、日本書記風に言えば根の国へ向かいました。


【うんちく】
kjk_054.jpg
・ヤマタノオロチ
日本の霊獣としてはシーサーや九尾の狐等と並び、最も有名な部類ではないでしょうか。古事記に書かれるその実態は、八つの頭に八つの尾、体には苔やら杉の木が生えていたというのですから山のように大きなというのは誇張ではなく、実際に谷を八つ、尾根を八つに渡る大きさであると書かれております。目は真っ赤で腹は爛れてあちこちから血が流れていたという。ヤマタノオロチとは何か?恐らくこれは川であろうと言われています。スサノオの降りた肥の川は現在の斐伊川。『千と千尋の神隠し』でもそうですが、川はよく竜に例えられます。“出雲國之肥河上”は現在の島根県の斐伊川の事で暴れ川でした。スサノオは五穀の実りを制し、川(オロチ)を制し、田の神(クシナダヒメ)と結ばれる。これは農耕の始まりを意味します。

・クシナダヒメ
櫛名田比売と書きます。『日本書紀』上では奇し稲田姫。櫛とはそのまま髪飾りの櫛でもありますが、語源は奇(く)しとか霊(くし)びとあります。一霊四魂に奇魂(くしみたま)とかありますが、霊妙なものに対して付く言葉です。要するに霊妙な田の女神様です。という意味のお名前。

・根之堅州國
古事記に出て来るどこにあるかよく分からない場所。他にもワタツミなどありますが、根の国=黄泉の国という場合もあって私にはチンプンカンプン。

出雲神話編へ続くつもり
posted by mutu at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

クソ絵で語るあらまし その5

スサノオ編 中編

天岩戸に篭ったアマテラスですが、それでは困ると高天原の八百万の神々はどうしたものか寄り合って策を考えました。

kjk_041.jpg
アメノウズメを立て、連日天岩戸の前で歌え踊れの宴を催します。連日外から漏れ聞こえるドンチャン騒ぎに、岩戸の中のアマテラスも気になりだします。そこでちょこっとだけ戸を開けて尋ねます。

アマテラス「何をしておる?」
ウズメ「貴方様より貴き神様がおいでになりましたので、お祝いを催しております」
アマテラス「そうか・・・」
ウズメ「こちらがその神様です」

kjk_042.jpg
そう言ってアメノウズメはアマテラスの前に鏡を差し出します。アマテラスは鏡に映った自身を新しい神と思い込み、もっとよく見ようと身を乗り出します。その瞬間、岩戸の横で控えていたアメノタヂカラオという力持ちの神がアマテラスの腕を掴むと一気に引き出してしまいました。引き出されたアマテラスも、またもや何故か納得して高天原統治に戻ります。こうして世界にまた光が訪れ、禍は去っていきました。

アマテラス「もはや弟を捨て置くまい!」

kjk_043II.jpg
自信を取り戻したアマテラスが戻るとスサノオは髪を切られ、手にした持ち物を没収され高天原を追放されます。しかし空腹だったスサノオは、降りる前にオホゲツヒメの住まいを訪ね、食事を恵んで欲しいと訴えます。

「空腹で死にそうだ。すまねえが何か食べ物を貰えないか」
「それはお困りでしょう、どうぞこちらへ・・・」

kjk_043.jpg
食物の神であったオホゲツヒメはスサノオを招き入れ、御馳走を振る舞います。次から次に出て来る食事にスサノオは満足しますが、一人でどうやって作っているのか気になり、台所をのぞき込むと・・・

kjk_044.jpg
何とオホゲツヒメの目や鼻、口・・・穴と言う穴から食べ物を出していました。

「てめえ、こんなもの俺に食わせやがったのか!!」
「・・・えっ!?」

kjk_045.jpg
スサノオは怒りに任せ、オホゲツヒメをメッタ斬りに斬り殺してしまいます。

「私はただ・・・」

kjk_046.jpg
するとオホゲツヒメの体のいたる所から、粟や麦、小豆などの五穀や、蚕まで出てきました。スサノオはこれらを持ち、高天原を下って行きました。

【うんちく】
kjk_047.jpg
・アメノウズメ
陽気な性格のアメノウズメは芸能の神とされます。よく天岩戸で全裸で踊ったというストリップショー的な言われ方をされますが、胸をはだけて踊ったというのは本当です。しかしながら熱中するあまり踊ってる最中に上着をはだけ、それを見た八百万の神々が爆笑してたというのが実情のようで、どちらかといえばエロティシズムというより、飲み会で泥酔して脱ぐ奴に近い状態ではないかと思います。

・アメノタヂカラオ
西洋の天使でいうところの力天使に相当すると思われる力の神。スポーツの神様としても奉られているらしい。後の天孫降臨の際に、地上へ降りた神の一柱でもあります。

・オホゲツヒメ
オホゲツヒメは食物の神ですが、世界に実りをもたらすとかそういう神ではなく、無秩序に食べ物を生み出してたという感じです。“なり出でる”と同じで自然的に生み出すと言ったほうが近しいかもしれません。それをスサノオが殺してしまい、実りを手にします。自然に生えていた五穀の種を人が手にした瞬間ですね。
posted by mutu at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

クソ絵で語るあらまし その4

GWにスサノオ編まで作ってしまう予定だったのですが、意外とあちこちお出かけしたら、気力が持たずいつものスローペース。絵よりも内容をどうまとめようかに時間がかかってしまう。とかく登場人物(神)を削って削って書いてますので、簡潔な内容ということはご了承下さい。興味が出たら古事記を読みませう。日本最古の物語といえば『竹取物語』ですが、もうこれが最古でいいんじゃないかな。(古事記は日本最古の“歴史書”)

スサノオ編 前編

kjk_031.jpg
イザナキはアマテラスに高天原に登り高天原を統治するよう命じ、ツクヨミには月に登り夜食国(よるおすのくに)を統治させ、スサノオには海を統治するように命じました。簡単に言うとアマテラスは太陽神、ツクヨミは月神、スサノオは海神。・・・となるはずでしたが、スサノオだけは何時まで経っても勤めを果たさないばかりか、ひがな泣き喚いて始末に負えません。そのせいで海には悪しき神々が巣食ってしまいました。困ったイザナキがスサノオに何故泣くのかと問いただすと、スサノオは「母上に会いたい、根の国(黄泉の国)に行きたい」という。これを聞いたイザナキは怒り、スサノオを任から解いて勘当してしまいます。

kjk_032.jpg
イザナキ「何処へでも行ってしまえ!!」

kjk_033.jpg
待ってましたと解き放たれたスサノオは、喜び勇んで根の国へ行こうとしましたが、その前に姉たちにお別れの挨拶をしようと思い、一路高天原へ向かいます。この時のスサノオの勢いは凄まじく、大地も震える程でした。その音は高天原にまで響き、事の異常さに気付いたアマテラスは、トチ狂ったスサノオが高天原が攻め昇って来ると思い込み、自ら高天原の軍を率いてスサノオを待ち構えました。

kjk_034.jpg
アマテラス「止まれ!いかようで此処へ来たか」
スサノオ「姉者待ってくれ!!」

面食らったスサノオはいきさつを話して誤解を解こうとしますが、アマテラスは信じません。「ならば邪心なきを証明してみせよ」と問われ、スサノオはならば誓約(うけい)をしようと持ち掛けます。誓約とは占いのようなものですが、ここでは心の清さを比べるために行っています。2神はそれぞれの持ち物を交換し、そこから互いに神を生み出します。アマテラスはスサノオの剣から3柱の女神を、スサノオはアマテラスの首飾りから5柱の男神を生み出します。どうやらスサノオが5柱の男神と生み出したのではなく、アマテラスの持ち物から5柱の男神が生まれたという解釈のようで、これを勝利だと言い張り、アマテラスも何故か負けを認めます。

kjk_035.jpg
スサノオ「勝った!女神を生み出した我のほうが、姉者より邪心なき心なり」
アマテラス「うわっ・・・私の正心、・・・低すぎ?」

kjk_036.jpg
失敗を知らぬエリートの打たれ弱さか、アマテラスは以降大人しくなります。そして何故かスサノオはそのまま神殿に住みつき、傍若無人の限りを尽くします。

kjk_037.jpg
それは酷いもので、田畑を荒らし(田畑あるんだ・・・)、神殿にうんこをしたり。アマテラスは弟の尻ぬぐい本葬させられ疲弊してしまいますが、更に悪い事に・・・

kjk_038.jpg
行き過ぎたいたずらで機織り女を殺してしまいます。

kjk_039.jpg
これを聞いたアマテラスはいろいろ限界に達してしまい

kjk_040.jpg
天岩戸(あまのいわと)に閉じこもってしまいます。太陽神のいなくなった世界は暗闇となり、様々な災いが起りました。

中編へ続くつもり
posted by mutu at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

クソ絵で語るあらまし その3

黎明編 後編“黄泉編”
黎明編と銘打ったイザナキ&イザナミ編はこれで終わり。快調に神を産み続けるもはや産む機械と化したイザナミ。ですが悲劇は突然やってきます。

kjk_021.jpg
火の神であるヒノカグツチを生んだイザナミは酷い火傷を負い、苦しみにのたうち回った挙句死んでしまいます。

kjk_022.jpg
怒ったイザナキはカグツチを殺します。存在そのものが哀れとしか言いようがないカグツチ。そして火の神を殺す。これは人が火を制した瞬間ではないか言われます。そしてこの時剣についた血から沢山の神が生まれました。その中にタケミカヅチという神がいましたが、この神は後に大きな転換点で出てきます。

kjk_023.jpg
イザナキは悲しみに暮れてしまいます。がさすが神で「死んだら、生き返らせればいいじゃん」と思ったか、黄泉の国からイザナミを連れ帰ろうと、黄泉平坂(よもつひらさか)を駆け下り黄泉の国へと向かいます。ご存知の通り、黄泉は死者の行く国です。

kjk_025.jpg
そして黄泉の国に到着するとイザナミを呼びます。一緒に地上へ帰ろうと誘っても、黄泉の国の食べ物を口にしたイザナミは「もう戻る事は出来ない」と返しますが、イザナキは食い下がりません。そこでイザナミは黄泉の国の神に掛けあってみるのでそこで待っていて欲しい、絶対に自分の後を追わないで欲しいと伝え、イザナキは了承します。

kjk_026.jpg
大人しく待てどもイザナミはいっこうに戻ってきません。しびれを切らせたイザナキは、約束を破って黄泉の国奥深くへと入って行きました。黄泉の国をどんどん進んだその先にイザナミはいましたが・・・

kjk_027.jpg
イザナミの体は腐って蛆が湧いており、イザナミが黄泉の国で生んだ八雷神(やくさいかづちのかみ)がまとわりついております。イザナキはこれ見て逃げ出してしまいます。
※うっかりしていましたが、この時出て来る八雷神は蛇の姿です。

「あれほど追うなと言ったのに・・・」

kjk_028.jpg
愛する人に見られたくない姿を見られ、逃げられる。イザナキへの愛は憎しみに代わります。逃げるイザナキに※鬼女や兵隊と次々に追っ手を差し向けますが、イザナキが身に付けていたものを投げると葡萄や筍に変わったり、持ち込んでいた桃を投げてピンチを凌ぎます。最後に八雷神と共にイザナキも追ってきますが、何とか逃げ切り黄泉の国の扉を閉ざしてしまいます。

鬼女・・・黄泉醜女(よもつしこめ)がたくさん
兵隊・・・黄泉軍(よもついくさ)がたくさん

kjk_029.jpg
イザナミ「お前が憎い!お前の国の人間を毎日1000人呪い殺してやる!」
イザナキ「ならば私は毎日1500人の人間を作ろう!」
こうして人間に寿命や病といった制限や災いが生まれました。イザナミは地母神のような存在であったのですが、一変して死をもたらす神になってしまいました。ちょっとヒンドゥーの女神っぽいなと感じたり。

kjk_030.jpg
黄泉平坂を登り、地上に戻ったイザナキはけがれを落すために禊をします。この時にまた神が生まれますが、左目を洗った時にアマテラスが、右目を洗った時にツクヨミが、最後に鼻を洗った時にスサノオが生まれました。物語はこれから次世代に移りますが、イザナキとイザナミはこの世界の土台や設定を作ったと思えばだいたい納得できるかなと思います。

スサノオ伝説へ続くつもり
posted by mutu at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする